日々もも 仙人への道はまだ遠い

吾郎さんが天使ならば、アタクシは仙人。 これで怖いものナッシング!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後まで美しかった。

ホントに新境地を開かれたのね。

ネタばれになっちゃうかも
しれないので折りますねぇ♪


前売り券2枚を手に行きましたよ。

1枚はライブの時に買ったヤツ。
で、1枚は急遽前日夜に急いでコンビニに買いに行った。

2回続けて観るのは大変かなぁ?と思って
とりあえず1回観てから考えようと…。

で、終わったら、すぐに走って2回目の席を押さえに行きましたよ。

なんて残虐なお殿様なんだけど、
どうしてなのかわからないけど
それがそこまで残虐に見えないというか
いや、見えるんだけど…どっちやねん!

吾郎がね、キレイなのよ。
美しさゆえに許される?
いや許されはしないほどの残虐な事をしてるんだけどね。

アタシが好きなシーンは

「ちっ」って舌打ちする吾郎に
ゾクゾクきちゃったわ…。

あとは例の台詞を言うまえの
市村さんを呼ぶ時の手招きがなんともかんとも…

気のせいかね、太ももチラリが見えなかったような…。
パンフレットではあんなに見てるのに
なんとなくあの場面がインパクトが強すぎて
見てないのかしら?

でもね、ホントに映画は素晴らしかった!
今更ながら、ヴェネチアで賞を取れなかったのが
残念で仕方ない。

今回の役はホントに素晴らしい!
役者としての幅が広がったと思う。

三池監督ありがとぉぉ!!
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。